スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

無印良品 20年愛用道具

最近の投稿

コロナ自粛中のGW おうちキャンプ

記事としては今さらですがw。

コロナ自粛中だったGW。
我が家はせめてものお楽しみとして
おうちキャンプをやりました。

もう一ヶ月も前のことになるんですねぇ…。


我が家の小さな庭にテントを二つ張って。

一つはファミリー用として使っているキャプテンスタッグの5~6人用のテント。



もう一つは旦那さんがソロキャンプで使っているテントです。





我が家の子供達も大きくなってきたので、
6人で寝るにはさすがに狭く感じるため、
旦那さんは自分のテントで寝ることにw。

その方が本人も楽しみだろうけどw。


小さな庭なので、本当にきつきつでしたw。

テント二つとタープテントでいっぱいになりましたね。

(わかりにくいですが、タープの下の写真です汗)



我が家は中古の戸建てですが、
住宅密集地?なため、近隣の家との距離が近いです。

なので、焚き火や炭を使ってのBBQはちょっと難しいです。

それにコロナで外出が制限されている中で、
ご近所の方達も同じくストレスがたまっているだろうと考えられるので

今回は焼き肉も家のキッチンで焼いてから庭で食べるスタイルにしました。

においと煙に気を付けた、という感じです。

それでも十分に楽しめました!!


夜は焚き火の代わりにキャンドルを灯して。

子供達も一緒におやつと、大人はお酒も楽しんで。

夜はテントのなかで寝ました。


朝は静かに目覚めのコーヒーを庭で。

普通にキャンプを楽しんだ感じでしたね(*^^*)



当たり前ですが、自宅ですので
チェックアウトの時刻も気にしなくていいし。

洗い物もキッチンで出来るし、
電気がつくし、お湯も出るし。

なかなか便利で快適でした(*^^*)


「またやりたいね!」と、子供達からの嬉しい感想が。

キャンプ場の予約が取れなかったら、
おうちキャンプもまたやってもいいかなぁと
思いました。

テントで庭で寝るだけでも、
非日常を楽しむことが出来たことが嬉しい発見でした(*^^*)



それでは。
遅くなりましたが、
おうちキャンプの報告でした(*^^*)


お読みいただき、ありがとうございます。

それでは、また。


焚き火用エプロン、作りました♪ 旦那さんのソロキャンプ

こんにちは(*^^*)
コロナの緊急事態宣言が明けて、
旦那さんも早速?ソロキャンプに出掛けていました。

久しぶりのキャンプなので、いつもと同じ秋葉山に行ってきたようです。


さてさて。
旦那さんも、多くないおこづかいでやりくりしながら、キャンプ用のギアを集めている様子ですが。

少し前から欲しそうにしていたのが
焚き火用のエプロンでした。

以前のキャンプで、せっかく迷彩柄のボトムスを新調していったのにw
焚き火の火の粉が飛んできて、速攻で穴が空いてしまったんですね。

服を守るためと、キャンプで過ごしやすくするためにも、
と色々と探している様子でした。

そんな時、一緒に行ったホームセンターでキャプテンスタッグのデニムのエプロンを見つけましたが。

お値段、5000円!!

えー。
エプロンに5000円は高いでしょう!
さすがに旦那さんのおこづかいでエプロンにお金をかけさせるのはかわいそうかなぁ?と思いw。

「作ってあげようか?」と、ついつい言ってしまいましたw。


何年も前に、私用のボトムスを作ろうと買い置きしておいたデニムの布があったのでw。



と、いうことで、「作る」と決めれば行動は早くw。

まずは、どんなデザインにするのか
旦那さんとエプロンミーティングw。

ポケットの数や位置、丈や形を決めました。

そして、旦那さんの体型に合わせて型紙を作り。

縫製!!


出来上がったのが、こちらw。




うーん、わかりにくい?w

胸元にはアクセントとして、ペン差しを。
旦那さんはここにカラビナをつけて使うそうです。

ポケットは2段で。
後ろ3つ、前4つのポケット。
後ろの中央には焚き火用の手袋が入るよう、大きめに作りました。
両サイドは斜めにカットして、手を入れやすいように。
合計7つのメインポケットで、貴重品含めキャンプ場内での移動が楽々出来ます。

私からの遊び心として、
メインポケットの右側に火吹き棒用のポケットを作りました。

まさに、焚き火用エプロンですw。


一応、作り手として言いますとw
エプロンの首にかける紐も、最初はそのまま縫い付けたのですが
やはり長さ調節したいな、との希望があったので
Dカンをプラスすることに。
そのDカンをつけるために、共布でパーツを再度追加で作りw。

フルオーダーメイドのエプロンが出来ました。

エプロンミーティング含め、所要時間は3日ほどで完成!

「ネッ…

アレルギーで気を付けていきたい食事のこと。

情報がこんなにシェアされる時代で、幸せですよね。

そんな風に日々を感謝しているリリーですw。


宇津木式洗顔を始めて、体の不調が食べ物かもと感じた時に出会ったのが
整体師の迫田さんという方のYouTube動画でした。

アトピーの治し方についての動画でしたね。

そこで言われていたこと。

・小麦粉
・砂糖
・乳製品

そして別の動画では

・油

主に以上の4点に気をつけることでした。

気をつけるというのは、

極力、摂取しないようにすること。
摂取するものの種類を選択すること。

と、いうことです。


この動画を見ていた時に思い出したのは
5年ほど前に取り組んだ糖質制限。

この時もアレルギー体質改善のために取り組んでいたのですが、
目に見える効果はあまりなく、
結局苦しくて薬に戻ってしまった、という経緯があります。

でも、迫田さんの動画を見ていて、当時の私は間違ったやり方をしていたことに気がつきました。

糖質が取れない代わりに、乳製品をよく食べていたのです。

ヨーグルトやチーズなどですね。

油に関しては、図書館で本を借りたりして、調べてはいたので、知識としてはありましたが
実践するには至りませんでした。

全てを移行するには、経済的にもきつかったのもありますね。

油も、選ぶと高価ですからね…。


そんな感じで、今思うと中途半端な取り組み方だったのだな、と思います。


なぜ摂取に気を付けなければならないのかというと
「腸で分解されにくい」ということらしいです。

だから、入ってきても排出されにくい。

腸で便として排泄出来なかったものは
尿はもちろん、それ以外は皮膚や粘膜、爪や髪などから排出しようとするそうです。

そういった理由でアレルギー反応が起きていたわけなんですねー。

外的な要因ももちろんあるとは思いますが
(私自身、花粉だけでなく、ハウスダストでも反応しますし)
食べ物がこんな風に体に反応を起こさせて、
排出させるためにアレルギー症状が出ていたのだ、と思うと
体の仕組みに改めて感謝したくなりますw。

入れてしまった毒素を外に出そうとしてくれているわけですからね。


だからこそ、つまりw。

体に悪いもの、毒になるものを入れないようにすることが
アレルギー体質の改善につながる、というわけですね。


私の場合、食物アレルギーのような、摂取後すぐにじんましんやアナフィラキシーショックが起こる、と…

宇津木式洗顔と出会い、生活が変わりました!

宇津木式洗顔。
そして、お湯シャンプーを実践していく中で、
顔の目の間の部分のかゆみが治らないことにきがつきました。

以前、皮膚科でアトピーだね、と言われていた部分です。

その場所へのメイク用品やクレンジング剤、シャンプーなどの刺激がなくなったはずなのに
きれいになってこない。

外側からの毒ではないのだ、と実感しました。

内側からのもの、つまり、きっと食べ物からくるものなのだろう、と思い当たりました。


私は子供の頃からのアレルギー体質で、いつも鼻づまりに悩まされていました。

20歳を過ぎた頃には喘息のような症状まで出てきて。

もうずっと、アレルギー薬をかかせませんでした。


5年ほど前に、アレルギーの体質改善を目的とした糖質制限をしたことがあります。

でもその時は、良くならなかった。

体の奥からくるかゆみや。
喘息、鼻づまり。

ちっとも、改善しなかった。

でも、もう、嫌だと思いました。

こんな薬漬けの生活。

私は送りたくない、と思いました。

今度こそ、もう一度。

アレルギーと向き合おう。



今、食事をメインに、アレルギー対策の生活を送っています。

これから、少しずつ、アレルギーと戦う毎日のことも書き綴っていこうと思います。

食がシンプルになったら。

思考もシンプルになってきました。

今までの、形だけのミニマリストというだけでなく。

本当に自分に必要なもの、不要なもの。

自然と、無理なく向き合うようになりました。


明日はアレルギー科の病院を受診してきます。




お読みいただき、ありがとうございました。


キャンプは、私はお休み中ですが。
旦那さんは引き続き楽しんでいますので
また記事にしていきますねw。

それでは。

宇津木式洗顔、初日の肌。そして翌日。

宇津木式洗顔を始めたリリーです。

宇津木式洗顔を始めた理由はこちら。

https://lilysimplelife.blogspot.com/2019/12/blog-post.html?m=1


洗顔料を一切使わない宇津木式洗顔。
(化粧を落とす際には、石鹸を使います。)

私の宇津木式洗顔の初日は、
化粧はクレンジングシートで拭き取ってからの洗顔でした。


洗顔料を使わない洗顔。
と、言っても、私のそれまでの洗顔は
無添加のベビー石鹸での洗顔でしたので
その辺りの肌への負担云々はわからないのですが。

問題は洗顔後。

化粧水もオイルも何も塗りません。

以前、トッコというブランド?のローションを使っていたことがありました。

こちらのローションも、基本は保湿剤はいらないというタイプのもので
自分の皮脂で潤いを持たせる、という形を取っていました。

その頃は、…まだ若かったからでしょうねw。

洗顔後、30分もすれば自然と皮脂が出てきて潤っていました。

そのため、今回の宇津木式洗顔後も皮脂が出てくるだろう、と予想していたのですが。

結果( ̄▽ ̄;)

1時間たっても、皮脂は出てこず、
顔は乾燥でパッツンパッツン。

カッピカピで口も開かない程。

つまり、私の肌は重度の乾燥肌になっていたようです。

その日はそのまま寝ました。

翌朝になると、少しは肌が柔らかくなっている感じで
軽く水洗い洗顔をして
化粧をせずに仕事へ。

古くなった角質が肌の表面にこびりついていて、
かなり見苦しい肌、
その上、その少し前から角質を取ろうとしてジェルやらクリームやらでこすりすぎた肌は
炎症を起こしてしまって、赤くなってしまっていました。

化粧も出来る状態ではありませんでした。


化粧をせずに一日を過ごし、
夜、宇津木式で洗顔をします。


洗顔後の肌は。

初日に比べて、つっぱり感がかなり解消されて、顔を動かすのに不便はありませんでした。

わずか一日で、肌は少し回復したようです。



角質というものの働きを、私は知りませんでした。
古くなった角質というものと、
新しい角質というものの違いさえ、わかっていませんでした。

古くなった角質を除去するために、
必要な新しい角質まで取り去ってしまい、
さらに肌を自分の手で痛めていました。

宇津木先生の著書に、これらの詳しいことがかかれています。

私もたくさんの方のブログ等拝読…

宇津木式洗顔、始めました。

またまたお久しぶりです(>_<)
リリーです。


皆様、お元気でしょうか??

気がつけば、12月もあっという間に半ばを過ぎ、
すでに年末ですね…


さてさて、タイトルですが。

ありがちと言えば、ありがち…?

先月の11月に一気に肌体調を崩しまして。

角質がボロボロになってしまい、
角質除去のジェルやら、クレンジングクリームやら
いろいろと手を出しましたが悪化するのみで…。


どうしようもなく、ちょうど見ていたYouTuberさんの動画のコメント欄に
私の肌状態を説明しアドバイスをお願いしたところ、
紹介されたのが宇津木式洗顔でした。


早速、本を取り寄せ、熟読。

藁にもすがる思いで、
速攻、その洗顔方法を取り入れました。



そろそろ一ヶ月たちますが。


肌体調、整ってきてます!!


宇津木式洗顔の本を読んでいただくとわかりますが
私が除去しようとしていた角質は取ってはいけないもののようでした(>_<)

古くなった角質というものも、自然と落ちるのを見守るだけでいいそうです。

この角質層が、何より私の肌を守ってくれている…

そんなこと、知らなかったー(>_<)(>_<)


私は洗顔は、石鹸は使っていません。

洗顔後の化粧水やクリームも一切なし、です。

肌トラブル真っ最中に宇津木式洗顔を始めたため、
とても化粧を出来る状態ではなかったので
これを境に化粧もするのをやめましたw。

そのため、化粧落としのクレンジング剤ももちろん使いません。

宇津木式洗顔をされている方のブログ記事もいくつか読みましたが、
みなさん、化粧はされている方が多いようですが
(石鹸で落とせるメイクをされているようです)
出来ることなら化粧はしない方が、この宇津木式洗顔の威力を感じることが出来ると思います!!




この宇津木式洗顔をきっかけに、
私の生活全般が一気に変わってきました。

無理なく更新を前提ですので、
少しずつになるとは思いますが、

私の肌の調子の良さをぜひとも皆さんと共有したいと思っていますので
しばらくは記事の更新を頑張りたいと思います!

冬休みにも入りますしね(^_^)/


それでは。

お読みいただき、ありがとうございます。
良い一日をお過ごし下さい。

捨てられないものは、一時保管してみる。

こんにちは。

すっきり暮らしたいリリーです。

みなさん、捨てられないものに対する対応ってどうされていますか?

私も多分、本来の私は物がきっと好きな部類に振り分けられる人間だと思うので
(趣味のものとか、あっという間に増えやすい)
物を捨てるというのは心が痛む行為であります。

好きなものをコレクションしては、
それを眺めてうっとりするタイプw。


それでも、どうしてこんなにも捨てようと思えるのか。

やはり、それは家族を持ったから。
家事に育児にパートの仕事、やることが多いから、
なのだろうと思われます。


やることが多い。

と、同時に。

やってあげたいことも多い、のです。

子供の習い事。
子供たちのやりたいことへのサポート。

そういったことに、時間を使いたい。

=もちろん、自分の時間は削られます。

次なる場所は、家事になってきますね。


いやいや、仕事もしてるわけだから、
それだけでも家事に割く時間も限られるわけですよ!


それでも、ですねぇ。

物を減らしてくると、掃除がしやすかったり、
常にきれいがキープ出来てくると
「掃除しなきゃ」が
「掃除したい」に変わってくるのですw。


飾ってあったはずのものに
埃が積もっていたり。

大事にとっておいてあったはずの本にさえ
埃が積もっていたり。
(本は、読まないと虫もつくので意外と要注意だったりします。)

つまり、家の中の掃除というだけでなく

自分の趣味だったもの達への保管状態が気になるようになってきてしまいました。


埃が積もるほどに手に取っていないなら
処分してもいいではないか、
と傍目には思われるでしょうが。

いやいやいやいや。

捨てられない。

捨てられない。


と、同時に。


埃が積もっているほどに、大事にしていないのがリアルな現実なのに、
捨てられないほどの思いを私はどうして持っているのか?


と、これは心の問題ではないのか?と気がつくわけです。


大好きだったものを手放す不安。

それは、身の半身を失うかのような寂しさ。

しかし、目に写るのは埃をかぶっている姿。



こういった物達を相手にする時の、
最近の私の対処方法はこのようにしています。


大きめの段ボール箱を用意して。

その中に詰める。


「まだ捨てると決めたわけじゃないから」
そう言って、自分から不安を取り除いてあげます。

捨てない選択をする余地を残してあげます。


そうして、また普…